fotoransit

fotoransit.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 04月 ( 59 )   > この月の画像一覧

4/29

午後、予定より遅く新宿へ。
初めてギャラリー蒼穹舎へ。
その界隈で8カット撮影。
撮影モードのまま、四谷四丁目のギャラリーをめぐる。
ニエプス、ルーニィ、トーテムポールフォトギャラリー。
(そういえば、それぞれの場所に前あったギャラリー名が言える)
三箇所で、内野さん、内野さん、有元さんの展示を。
地元DPE屋の開いてる時間に着くには微妙なタイミングだなと思い
出すのはあきらめて、新宿ヨドバシまで歩いて買出し。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-30 17:52 | 撮影散歩

観られなかった写真展

内野雅文さんの展示を観てきた。
トーテムポールフォトギャラリーでのカラーの展示を先に観ていただけに、
ニエプスでの優しい眼差しにどきっとした。
同じく鋭くしかも優しい眼差しを持つ中藤さんから資料+追悼集を買いもとめ、ルーニィへ。
『うりずん』の一枚が特に刺された。買えるのか聞けばよかったか。
展示サイズは小さい方の持つほっこり感が良いなと思った。
観られなかったのは、二年前の『野ざらし紀行』。
たまたま大阪滞在中だったのだが、急いて一日間違えて、服部駅に降りたってしまったのだった。
またの機会、がないのは撮影時の常だけど。
存命中に、その存在のある空間の中で写真展を拝見したかったものだ。

追悼集を読んでいる。写真家・福添さんの寄せた文がとても印象に残る。
それぞれの思いが繋がって未来の方向にベクトルが伸びていくといいなと思う。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-29 20:29

4/28

午後三時過ぎから自転車で近場の荒川。
かわをはさんだこちらがわとあちらがわ。
こちらがわはこちらがわのようであったし、
あちらがわはあちらがわのようであった。
写真は楽しいなあと思う。
楽ではないところも含めて。
2本撮影。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-29 16:24

4/27

京王線の仙川からつつじヶ丘まで一駅の間。
2本撮影。
京王線を西に行く感じで、細切れで歩いている。
スタートしたのはもう2,3年前のことなんじゃないかな。
スローペースで進んでいる。前回で上北沢までは行った。
今回はちょっと先走った感じで。
相変わらず歩いてみると京王線沿いは熱い、と思う。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-28 18:29 | 撮影散歩

地図

最近は、ものすごく青色に惹かれているので、
今、丸善のビニル袋を電灯に透かしてみて、おおおっと思ったりしている。
閑話休題。

地図、それは必要であったりなかったり。
都内では適当に歩いていても駅はすぐにあったり、
ガイドマップが見つかったりするのであまり必要はないかもしれない。
ただ、もう少し行くとそこが団地になっていて、公園になっていて、
ということが早い段階で分かることでモチベーションをあげることができる。
今回、東京23区の地図を買った。文庫サイズでありながら、超詳細。
日暮里・舎人ライナーが載っているかどうかという
地図の新旧チェックポイントで選んでみた。

見ていると、やはりまだまだ行ったことのないところだらけで、
魅力的なエリアがたくさんある。
明日はここに行きたいなと思う。だめなら違うところ、、、
なかなかスランプに落ち込む余裕を与えてはくれない。

地図を見ているさまは下向いて内に篭っているようでいて、
実は広い視野を得ている。
その感じは、ウエストレベルファインダを覗いているときみたいだなと思った。
そしてそれを嬉しくも思う。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-27 02:22 | 写真生活

誰そ彼

黄昏の語源。
彼は誰、というくらいの薄暗さ。
大学の講義で一番打たれた言葉かもしれない。
折に触れて思い出す。

そして今回はスーパーカーの、
YUMEGIWA LAST BOYを聴いていて思い出した。

何かの『際』はとても儚く、人の夢のような。

そういう写真が撮れたら良い。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-27 02:03 | 写真生活

「シャーロック・ホームズの図案展」

予定より一日遅れでの土曜日、
西浦玉美さんの「シャーロック・ホームズの図案展」
に行けました。
延々見つづけて、最後にちょっとだけでしたが、
ご本人とお話できてよかったです。
新潮文庫の表紙になったものとならなかったもの。
その場で売られていた、『恐怖の谷』と
グラシン紙でできたブックカバーを
購入しました。
装丁が売りでありながら、
さらにブックカバーとは、と思われるかもしれませんが、
意外と気持ちのいいものです。

西浦玉美「シャーロック・ホームズの図案展」
@ 美篶堂
4/22(火)-4/27(日)5/2(金)
11:00~20:00 (土・日は18:00まで)
どうやら、会期が延びたようです。良かった、良かった。
まだの方は是非に。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-27 01:43 | 展示拝見

4/26

夕暮れの御茶ノ水界隈で、1本撮影。
撮り散らかした感もあるけれど、
おっと思ったものを即座に撮ったことに意味があるんじゃないかと思う。
撮る意味なんてそのときには何も考えてないけれど。
だいぶ右足首の具合はよい。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-26 22:48 | 撮影散歩

STROBOLIGHTS

耳がその眩しさに目を閉じるくらいの音量で、
スーパーカーのSTROBOLIGHTSをイヤホンで聴いている。
ストロボで撮らないと決めていることが、
なにやら勿体ないことに感じている今日この頃。
アベイラブルライトを決めない感じで。
それはたぶん、疲れることかもしれないし、
意外と憑かれることかもしれない。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-26 22:45 | 写真生活

4/25

より写真を衝動に近づけていこうと思っていたり、そうでもなかったり。
昼間、右足首が痛くて大事をとって休んでいた。
夜8カット撮影。
多分ぶれぶれだけれども、
撮りたい時間帯に撮れたのでいいのではないだろうか。
[PR]
by fotoransit | 2008-04-26 06:56 | 撮影散歩
line

ヤスダアキノリ(yasuAともいう)の、ピントいちをきめるかんじ、ピンとはりつめたじかん、もしくは弛緩したそれ。


by fotoransit
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー