fotoransit

fotoransit.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 05月 ( 37 )   > この月の画像一覧

5/7

午後から自転車でDPE屋さんに向かいつつ撮影。
近くの本屋で立ち読みをしたりして。
1時間後上がりを受け取る。

8カット撮影。

帰宅後1カット、スキャンしてプリントアウト。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-11 00:20 | 撮影散歩

5/6

3時くらいに中野。
久しぶりに降り立つ。2月頭以来か。
中古カメラやで買い物をしてから、
しばらく中野駅南側を練り歩き、撮り歩き。

夕方、梅ヶ丘で知人が喫茶店で写真展。
8年位前からの写真つながりの集まり。

このところのプリントを見てもらう。

誰の感想も次に活きるのだけれど、
昔からの付き合いの友人知人のそれは、
またかなり気づかされたり。

つながっていることとか、つづけていくこととか、
良いことだなと思った次第。

8カット撮影。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-11 00:18 | 撮影散歩

5/5

居ぬっぽくなる日。

参加者自体は少なかったけれども、展示搬入を終えた小林さんと、
ギャラリーメンバーの比留間さんが加わってのワークショップ。

てっきり暗室作業をしない分、撮れるかと思いきや、
まだまだ移行はスムーズに行かず、
結局、プリントアウトで日中は過ごしてしまった。

前回の反省(とまではいかないまでも)を踏まえつつ、
撮りたいと思ったものを撮っていたことで、
ふり幅は広がったと思う。

次回は6回目。
(更に)アホになるのが吉。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-10 21:43 | 写真生活

パープル・パープル

このところ、青というか蒼というか藍というか、
いずれにせよ、自分の中でアオイロがキテイル。

そして、よりいっそうのパープル。

spoon.6月号の麻生さんのパープル具合とかすごくいいなと思う。
ポイントとしてのパープルがすごく効いていた。
ポイントというかグラデーションかな。

久しぶりにひっぱりだした
DEEE-LITEのDewdrops in the Gardenのジャケットとか
盤面のパープル具合もかなりキテイル。

雨の中、庭に咲いていたクレマチスのそれもかなり。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-10 20:26 | 写真生活

5/4

おおよそ1時過ぎ2時前くらいに、家を出て、
DPE屋さんに向かう感じで歩き出す。
団地などで撮ったり。
意外と回り道をしたつもりが、
いつもより30分くらい長くなっていただけで。
まだまだ寄り道が出来そうな。目指せランドルト環。

なかなかの撮影行。
33カット。

たまに遠くに行きたいこともあるけど、
歩けど、歩けど、地元でも日々新たな発見があるのが面白い。
より近いほうが、驚きが大きくて楽しいし、
地元近所で撮る、ということには意味がある気がする。

となりのトトロ
が英題になると、
My Neighbor Totoro
と、Myが付くことで、より自分の隣り感が出るみたいに、
どんどん撮って、
隣りの何気ない(と思っていた)風景を自分の味方にするといいのかもしれない。

今は五月、サツキ或いはメイ。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-10 18:42 | 撮影散歩

勝ち負け

そもそも勝ち負けの分野なのか、
分からないし、興味がない。
興味がないから、分からないのか。

誰に負けたくないか、というのはとくにはないが、
唯一明確にあるとすれば、昔の自分か。

今日はとあるアクシデントに見舞われ、
ほんの30分前くらいの自分との闘いを。
すなわち再撮。

勝った、負けたを繰り返していたら、
倍の本数を撮っていた。

フィルムを送ることで、感情をチャージしていく。

撮っていた範囲が狭くてよかった。

というわけで、初の巻き太り現象に遭遇後の話。
後になると装填後のチャージからすでに違和感があったなと。

今後の改善点
フィルムにテンションを(親指でいつも以上に)かけながら装填すること。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-09 19:27 | 写真生活

タフネス

写真家或いは、
写真を撮る人に(ハード以外で)必要なものは、
長いことセンスだと思っていた。
それは今でもそうだと思いつつも、
長く続けることが重要なこととしてわかった(つもりの)最近、
タフネスというものがかなり必要な気がしている。
肉体的にもそうなのだけれど、精神的に。
図太さ、と考えると感性を取り巻く脂肪をイメージしてしまうから、
曲げても折れない、アルデンテ的な芯の強さという感じかな。
そして、それを用いて、柔能く剛を制す。



これを書くにあたって調べていて気になった言葉
tough love 甘やかさない愛情, 厳しさをも忘れない愛の形.
[PR]
by fotoransit | 2008-05-09 18:44 | 写真生活

ランドルト環

視力検査で使われる
C
C
C
みたいなやつ。

最近、徒歩二時間のDPE屋さんに
出来るときは歩いて撮影しながら
行くようになっているのだけれど、
さすがに同じ道は飽きるのでいろいろ道を変えている。
そんな訳でそろそろ、
行程がランドルト環になるんじゃないかと。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-09 14:52 | 写真生活

5/3

午後からS氏と等々力渓谷に。
撮影メインはその後の九品仏までの道程。
D&DEPARTMENTまでの道のりでかなりヒット。
その後もなかなか。
白ワインランチの間にプリントアウトした写真を見てもらって、
いろいろ、かなり初歩のところを教えてもらう。
例えばスタンプツールとか。おすすめの出力紙とか。
そして夕方にさしかかる頃二子新地めぐり。
町並みそのものがとても面白かった。

15カット撮影。

夜に、YさんSさんと合流し、お茶。というか白ワイン。
直前に買ったイルフォードの箱のデザインについて。などなど。

二日後のワークショップに持っていったのが15枚、
そのうち3枚がこの日のものだったので、
なかなかな成果のあった日だったと思う。

そしてイルフォードの出力紙はとてもよかった。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-09 06:04 | 撮影散歩

ワイングラス

土曜日のD&DEPARTMENTにて。
いつもは暑い日のランチといえば、
ビールな感じだったのだけれど、
白ワインにしてみた。
結構大振りなグラスで運ばれて。
それが空間に合ってて面白かったけれど。
グラスに口をつけてみて、納得。
ああ、ワイングラスは大きな方がいいなと思った。
香りが楽しめる。
花の蕾が膨らみかけたその先に鼻を寄せるようなもので。

その日は夜も別のところで飲んだ。
そこもなかなかに大振りで良かった。

まあ、今までワインの何を飲んできたのかと思ったりしたわけです。
[PR]
by fotoransit | 2008-05-08 15:22 | 食事生活
line

ヤスダアキノリ(yasuAともいう)の、ピントいちをきめるかんじ、ピンとはりつめたじかん、もしくは弛緩したそれ。


by fotoransit
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー