fotoransit

fotoransit.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

映画 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

製作年 : 2009年
製作国 : 日本
企画・原作・脚本・総監督 : 庵野秀明
監督 : 摩砂雪 、 鶴巻和哉
声の出演 : 緒方恵美 、 林原めぐみ 、 宮村優子 、
坂本真綾 、 三石琴乃 、 山口由里子 、 山寺宏一

久しぶりに映画館で。朝一は初めてかも。

実のところ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を観ずに、
とにかく1回早いところ観ないと、と思い立ったので。

うろ覚えになりつつあるテレビ版を思い出しながら。
だからか、ついついテレビ版との間違い探し的な観方になったりしたけれど、
それでもなんだかとても凄かったなという印象。
たぶん、また映画館で観ると思う。

冒頭のシーンなどは迫力があって、一気に引き込まれる。
映画館でも前の方で観たらまた迫力があるのかも。

使徒がとてもリアルになっていて気持ち悪くて良かった。
そういえば、ゼルエルはパタパタでなくてクルクルになっていた。

食事のシーンってあんなにあったかなと思ったり。

挿入歌もところどころ昭和な感じだったけれど、場面にあっていたと思う。
『今日の日はさようなら』の時はなんだかピクミンの歌を思い出し、泣けそうになった。
しかし最後のだけはなんとも。
いろいろと大事な声が聞き取れなくて、ちょっとどうなのかな、、、と。

あと、加持畑に加持さんが居て、というのが、いいような気がした。
それは、真希波・マリ・イラストリアスについて良く分かっていないからかもしれないけれど。

ラストはシンジがシンジらしくなくて、とても男らしかった。
壮大な感じで終わったけれど、
凄く人間くさくていいなあと思った。

渚カヲルくん。伏線的な登場だったので、次にどう現れるのか楽しみ。

レイがすごく人間ぽかったり、ぽかぽかだったり、
とにかくアスカは、終始いろいろと気になった。

次回予告があって、よかった。『Q』も楽しみに。
序破Q。
オバQみたい。

とりあえず何だか自分の知識を補完したくなったので、
早速(?)『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を借りてきた。
[PR]
by fotoransit | 2009-07-06 16:09 | 映画生活
line

ヤスダアキノリ(yasuAともいう)の、ピントいちをきめるかんじ、ピンとはりつめたじかん、もしくは弛緩したそれ。


by fotoransit
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31